ボトックス治療で顔のお悩みを解消して気軽に小顔を手に入れよう

レディ
  1. ホーム
  2. 医療保険が適用されるには

医療保険が適用されるには

女の人

今日では世界中で開発・導入されている先進医療から様々な治療法が日本の医療に流用されています。しかし日本の医療保険は基準がシビアで保険適用の対象がなかなか広がらないのが難点です。中でも美容外科クリニックをはじめとして様々な医療機関で導入されているボトックス治療は大変人気です。ボトックス注射は効果の即効性が高く、その効果も実証されているので小顔効果やしわ取り、痩身効果が期待できて確実性があるのでよく用いられる治療です。アメリカなどの諸外国ではこれに加えて片側顔面痙攣、斜視、多汗症など多岐にわたる医療目的でも利用されています。現在、日本の医療保険の中、唯一ボトックス治療に対応しているのがわきの多汗症に対する治療です。こちらは過剰な発汗で日常生活に支障が出ているもの、遺伝などの体質的な原因がかかわっていることなどが条件です。保険が下りる基準が厳しくはありますが現時点でのボトックス治療費の負担がかなり大きいので、これらの問題を抱えている人は医療保険が適用された状態で継続的に治療を受けることをおすすめします。
基本的に日本の医療保険制度では小顔・整形・痩身といった美容目的の治療は「自由診療」とみなされ保険の適用がされません。体質・疾患の改善など必要な医療目的の治療が「保険診療」となり医療保険で患者の負担額を軽減する制度になっています。現時点では小顔効果や痩身目的での保険適用は認められておらず、かかる医療費は100%が患者の自己負担となっていますが。しかし、諸外国では美容目的でのボトックス注射でも医療保険が適用されている国もあるので、今後日本でも適用される、という可能性も0ではないでしょう。しかし、現時点では美容目的で医療保険が適用されることはないので、小顔効果などを期待してボトックス注射を利用する方は100%自己負担することを理解したうえでボトックス治療に臨みましょう。すべて自己負担で行うのですから確かな技能を持った専門医がいること、品質の保証がされている、提示された値段設定で今後も継続的に通院できるのかなど留意しておきましょう。