ボトックス治療で顔のお悩みを解消して気軽に小顔を手に入れよう

レディ
  1. ホーム
  2. ボトックス治療の効果と流れ

ボトックス治療の効果と流れ

ドクター

ボトックス注射を使った施術ではどのような効果が期待できるのかを見ていきましょう。ボトックスに含まれボツリヌストキシンと呼ばれるタンパク質が体内の筋肉や神経の働きをピンポイントで弱める効果があります。つまり「狙った部位にのみ効果を与える弛緩剤」といったイメージです。この働きを美容目的で効果的に活用することで「表情筋などの顔のしわを目立たなくする」という経年につきもののお肌の悩みや「顔のラインのシェイプアップ」による小顔効果などの美容効果が期待できます。また筋肉の動きを抑える性質からふくらはぎなどのボリュームを抑えて脚痩せさせることにも利用されています。これらのボトックスによる効果をさらに細かく見ていくとエラ張りが気になる場合は咬筋が発達していたり常に緊張状態でたったりすることが考えられるのでボトックスの「筋肉の弛緩剤」としての役割でこれら働きを抑えることができます。結果としてエラ張りを解消することにつながり、小顔効果が期待できます。また口周りのしわを解消することにも活用できます。ほうれい線や口をすぼめた表情をするときに口周りに集まる細かいしわは老けた印象を与えます。ボトックスやヒアルロン酸を注入することでこれのしわを取り除くことができ、お悩みを解決することができます。
施術までの流れとしてボトックスの注射を実際に受ける場合は事前にカウンセリングや診察を受けるのが基本的な流れとされています。「小顔にしたい」など、どんな目的でボトックス治療を受けたいのかという意思をはっきり伝えることで、専門医と治療結果のイメージをしっかり共有しておきましょう。決心がついていない曖昧な状態でも、まずはカウンセリングのみを受診することも可能なので、不安で踏ん切りがつかないときは納得できるまで専門医と相談することをおすすめします。実際の施術では手順として施術箇所を消毒して専用のクリームやテープなどで局部麻酔を行います。これらを30分ほど外用したのちに細い針でボトックスを注射していきます。痛覚には個人差がありますが麻酔も十分に働いているので見た目ほどの痛みはまずないでしょう。注射後の傷もほとんど目立ちません。治療後でもメイクをなどできるので傷もカバーできます。施術にかかる所要時間も20~30分ほどなので別件の予定の合間などに時間の都合をつけて小顔目的の治療を受けることができます。