ボトックス治療で顔のお悩みを解消して気軽に小顔を手に入れよう

レディ
  1. ホーム
  2. 医療保険が使える場合

医療保険が使える場合

相談

しわ、小顔、脚痩せといった美容目的に使われるイメージが強いですがボトックス治療といってもその効果は様々な活用方法があります。小顔などの美容目的のボトックス注射では本来医療保険が適用されませんが、中には医療保険が適用される場合があります。それは「医療目的の場合」です。例えばわきの多汗症を治療する場合、美容目的とは異なるので医療保険が適用されます。割合としては30%の自己負担になります。完全自己負担の場合はおおよそ12万円ほどするのでかなり負担額が軽減されます。しかし同じわきの多汗症治療でも一定基準の条件を満たしていないと医療目的とはみなされないので注意が必要です。極度の「原発性腋窩多汗症(げんぱつせいえきかたかんしょう)」と診断された場合、必要な治療と認められ、医療保険を利用することができます。その簡単な診断基準としては、まず疾患などではなく体質的なことが原因であることです。そして半年以上の過剰な部分的発汗が続いていて左右両方で汗がひどいこと、そのせいで日常生活に問題が起きていること、週1以上の頻度で多汗が見られること、生まれつきの体質で家族にも同じ症状があり遺伝の可能性がある場合などです。判定の基準としては日常生活に問題が出ているかどうかですが人によっては常に問題を抱えている、我慢できないほど発汗が気になるなど本人の苦痛に合わせた判定が出る場合が多いです。また夏場などの季節によって汗が気になる程度の多汗では原発性腋窩多汗症とはみなされないので医療保険の適用が難しいとされています。また暑さなどの気候的要素を別として就寝中にわきの発汗が気になるという場合は体質などではなく別の疾患の可能性があるのでボトックス治療以外での治療法を検討してください。
このように医療目的の施術の場合、医療保険の適用が認めらます。しかし小顔効果やしわ取り痩身の場合、「医療目的である」と認められる場合はほとんどありませんのでこれらの治療では医療保険を利用することができません。小顔効果など顔の悩みに関するもの、脚痩せなどの痩身効果を期待した治療など美容目的でボトックス治療を利用される人はこの制度を勘違いしないよう気をつけてください。